超精密ロータリー研削

Rotary Grinding

丸和機械のロータリー研削について

丸和機械のロータリー研削専門のラインでは、1974年にロータリー研削盤を導入以来、試行錯誤を重ね、
ノウハウを蓄積してまいりました。
単品加工から量産品まで柔軟な対応を可能とし、薄板研磨加工を必要とするお客様に加工精度
厚み±0.002㎜、偏差0.001㎜以内と、他の追随を許さない品質を実現しています。
13台のロータリー研削盤を保有し、量産に対しても十分な対応能力を備えております。

厚み
±0.002㎜
偏差
0.001㎜

被削材:ハイス・超硬
サイズ:φ120 t0.4〜1.0mm

 
丸和機械特別仕様のロータリー研削盤(5台)
±0.001㎜の加工を可能にするのは、長島精工の高精度ロータリー研削盤をはじめ
丸和機械特別仕様のロータリー研削盤(5台)
丸和機械の歴史と技術がここに詰まっています。
恒温環境で、ミクロンレベルの加工を実現します。
 
総台数13台のロータリー研削盤。
総台数13台のロータリー研削盤。
単品から量産(7500個/月産)までお客様の課題に合わせて対応致します。
 
丸和機械特別仕様のロータリー研削盤(5台)
生産拠点は、加工工場とロータリー専門工場の2か所に分けております。それぞれに検査設備と品質保証を置き、BCPにも対応した生産体制を実現しております。
 
 

▼次の項目は、精密放電加工ページへ▼

詳しく見る

 

製品情報へ

丸和機械株式会社
〒459-8001 愛知県名古屋市緑区大高町字己新田96番地
TEL (052)623-1261  FAX (052)624-1140

機械加工の基礎 エミダスプロ
pagetop